ゆとりの法則

ゆとりの法則

友達と遊ぶことが人生最高の娯楽であると信じている筆者が、自身の実践する大人・社会人向けの遊び方をプレゼンツ。型にはまらない新しい遊び方を提案します。

流行りのソファ型ダイニングセットを買ってみたはなし

こんにちは。hamataroです。今回はインテリアネタということで、最近家具屋さんでよく見るあいつについて色々お話したいと思います。

 

こういうの、最近よくみません?

f:id:kehama04:20190523221025j:plain

コイツ

あいつとはこいつのことです。ソファとダイニングセットが一体になったような形で、だいたいL字になってるやつ。最近流行っているようで、大体の家具屋さんに行くと置いてませんか??素材のバリエーションもいろいろで、ベースが木でできたものから、レザーがメインのものなどなど。でも形はどれも一緒。

普通のダイニングセットと比べても雰囲気が違うのでおしゃれだし、なんかL字コーナーのソファって憧れますよね?成金の象徴みたいで(笑)。あとベンチもなんかおしゃれですよね。たぶん背もたれなくてイライラするけど(笑)。

核家族化、一人暮らし・二人暮し世帯が増えてきたのを反映して、よりコンパクトで機能性の高いこういうタイプが求められるようになってきたのかなと思いました。「家具の社会学」とかいうそれっぽい本書いたら売れそう。

 

実際に買って使ってみた

うちは一人暮らしですが、以前あった普通のソファ+センターテーブルだと、リラックスはできるけどテーブルが低くてご飯が食べにくいし、PC作業などもしにくいなと常々思っていました。ただ部屋がそんなに広いわけでもないので追加でダイニングセットを買うのもな〜と思っていたときに、まんまと目に入って買うことになったのがこのソファ型L字ダイニングセットとも呼べる代物でした。これならリラックスもPC作業も食料摂取もすべて同時にできそう!!!!的な。

ちなみに買おうと思った理由はもう一つあって、よく家に友達を呼んでゲームをして遊ぶことが多いので、そういうときにこういうテーブルとイスがあると重宝するなと思ったところもあります。みんなで一つのテーブルを囲んで遊ぶの楽しそうですよね。

いろいろなお店でデザインと価格の兼ね合いをみて、最終的には部屋のテーマにあったカラーのあった、niko and...のセット(ソファ×2+テーブル)を買いました。確かトータル15万円くらいだったかな?写真はブラウンですが、実際に買ったのはグリーンのタイプです。

f:id:kehama04:20190523213400j:plain

 

良い点・悪い点

それでは実際に使ってみて感じた点を細かくレビューしていきたいと思います。

<良かった点>

  • ご飯を食べたりするにはちょうどいい大きさ・高さ。
  • ソファが別々に動かせるので、テーブルを挟んで並べたり、テーブルをどけて横一列にしたりなど、レイアウトのアレンジが容易にできる(ソファ自体は大きさの割に軽い)。
  • 横に寝そべってリラックスして座ることもできる。
  • みんなで座ってゲームをしたり、ご飯を食べることができるのは良い。ただ大の大人が集まると、1つのソファに2人座るのが限界、というよりそれでも若干狭く感じる。子供なら余裕のはず。
  • テーブルの下にあるちょっとした物置きスペースが地味に便利。リモコンやティッシュ、筆記具などを隠しておけるのでテーブルの上がスッキリする。

 

<悪かった点>

  • ソファの背もたれが高さ的にも奥行き的にも中途半端なので、普通に座る場合はリラックスしながら(背中を後ろにあずけながら)PCなどを操作するのは難しい。大体PC作業をするときは横になって足を投げ出した形で、膝の上にクッションを置いてその上にPCを置いてすることが多い。テーブルは使わない。
  • ソファを後ろに動かすのは難しいので、足を入れて座ろうとするとテーブルの天板に足が当たってしまい移動しにくい。テーブルの足も移動の際に結構邪魔になる。全体的に座るまでが窮屈。
  • 座面のクッション部分が弱いのか、同じところに何度も座っていると若干へこんでくる。

 

まとめ

  1. 普通のダイニングセットと違い、ソファになっているので横になってリラックスすることができるのは大きな違い。一人暮らしだとダイニング兼ソファはやっぱり便利。
  2. 大人が集まって座るには若干狭さを感じるが、一人暮らしなのでそこまで気にはならない。2人なら本当にちょうどいい。ただ座るまでの移動がちょっと窮屈。

すなわち、一人暮らし・二人暮し・子供が小さいうちは使いやすく、スペースも有効活用できるので有能だと思います。あとよく家に人を呼んで遊ぶ人にもおすすめです。